HOME>オススメ情報>業者が選ぶ前にその種類や特徴もあらかじめ理解しておく

会社によって様々なサービスがある

間取り図

不動産を所有しており、その不動産を人に貸す場合には自分で管理する方法もありますが、自分で管理できないこともあるでしょう。方法として不動産投資を行っているが別ですが、そうでなければ片手間で不動産全般の管理を行うことになります。この時不動産物件の管理をどのようにするかが問題です。それに付随して、家賃を支払ってくれない場合どのように対処するかも重要です。管理会社に頼むと同時に、家賃債務保証会社に依頼しておけば、物件の管理や家賃回収については問題ありません。基本的に家賃債務保証会社と名前がついている通り、家賃の保証はしてくれますが、それ以外にも初期費用の補償してくれるような会社もあります。例えば入居する人がお金を十分に持っていない場合その初期費用を1部だけ建て替えしてくれるような場合です。このようなサービスを提供するところはそれほど多いわけではありませんが、上手に利用することでより多くの入居者を増やすことが可能になるでしょう。結果的に、家賃収入が高まる可能性があります。

基本的には保証人の代わりになる

相談

家賃債務保証会社は、家賃保証してくれる点は問題ありませんが、実は保証人としての役割もあります。最近は住宅を借りる場合に保証人がない人も少なくありません。例えば高齢者の場合では、保証人になってくれる人がおらずなかなか賃貸物件を借りることができない状態でいます。また外国人の場合には、そもそも保証人になる人が日本に住んでいない可能性があるため保証人を見つけることができないでしょう。そこで家賃債務保証会社が保証人としての役割を果たしてくれて、結果的に入居者が増える仕組みになります。当然入居者としても、そこの不動産に住むことができるため双方にメリットがあるわけです。このように、様々な点で保証してくれるのが家賃債務保証会社といえます。